自己紹介


 

虹の花 あさい りえこ です。

 

11年前、私が植物に関連する仕事に携わるとは思ってもみませんでした。

 

なぜなら、私は、昔はサボテンさえ枯らす人だったからです。

 

 

 

20年以上前、

 

「植物を枯らさず育てれば復活愛します」

 

占い師に言われ、管理が楽なサボテンを買ったのに、それさえ枯らしてしまった人・・・

 

それが私です。

 

(結局、復活愛ならず・・・)

 

 

 

 

18年前、地雷で荒廃している国の報道番組を見て心を痛めました。

 

 

 

間もなくして、口に血を流してサボテンを食べる砂漠のヤギの為、トゲ無しサボテンを開発した人の話に感銘を受けました。

 

開発は難航したが成功、植物と話ができるとも言われた人の話です。

 

 

 

それらのしばらく後、空から決意が降ってきました。

 

「そうだ、私も植物と話をしよう!」

 

「植物と話ができるようになって、地雷除去に役立つ植物を作ろう!」

 

(地雷のあるところだけ花の色が変わる花を作りたかったのでした)

 

そう思い立ったのです。

 

 

 

変だと思われるかもしれませんが、本当に空から降ってきたのです。

 

(私の場合、左手上方から直観が降ってくるもので・・・

 

それまで直観は無視してましたが、なぜかその時、素直に受け入れました)

 

 

 

その日から、植物に話しかけたり手を振ったり。

 

うんともすんとも言わないので(当たり前・・・)、貸農園を借りてハーブや野菜を育てました。

 

アロマテラピーは好きだけど精油が高いからハーブ・・・ということもありましたが。

 

 

 

フラワーエッセンスは、16年前に出会いました。

 

人間関係が上手くいかないので使いました。

 

 

 

それと共に習いましたが、先生は、霊感がある人で、

 

「フラワーエッセンスは理屈ではない。

 

直観で選びなさい」

 

と言われました。

 

 

 

「なんでフラワーエッセンスが効くのか?」

 

「どのように作用するのか?」

 

という私の疑問に答えてくれませんでした。

 

嫌気がさして、フラワーエッセンスを学ぶのも使うのも止めました。

 

(私は、主に左脳=論理主体で考えてから行動する人間でしたので)

 

 

 

その5年後、介護していた父が衰弱の為に話せなくなりました。

 

父が言いたいことを知りたくて、チャネリングを受けてみました。

 

時間が余り、自分の天職と恋愛に良い方角も聞きました♪

 

 

 

「天職はフラワーエッセンス」

 

「夏に長野に行くと良い」

 

 

 

私は内心、フラワーエッセンスなんて効かないから嫌だな~って思いました。

 

(霊感先生?の思い出と、使っても効果がなかったので)

 

それに、今年は看病で長野に行く時間はない、とも。

 

 

 

なのに、父は、その後すぐに他界。

 

父の身辺整理を済ませたある日、思い出しました。

 

「フラワーエッセンスと長野」

 

一緒にすませりゃ、楽だな~♪

 

 

 

ネットで「フラワーエッセンス 長野」と検索しました。

 

出てきたフラワーエッセンスの長野合宿に行きました。

 

 

 

今考えると、不思議です。

 

1年に1回だけの長野のフラワーエッセンス研修。

 

11年前、長野でフラワーエッセンスを教えている人は、ネット上いませんでした。

 

 

 

行けば、フラワーエッセンスを理路整然、しかもスピリチュアル的な意味づけもちゃんと教えてくださる合宿。

 

「なんでフラワーエッセンスが効くのか?」

 

「どのように作用するのか?」

 

も、しっかり理解できました。

 

おまけに、フィンドホーン(イギリスのスピリチュアルコミュニティ)の本でしか知らなかったネイチャースピリット(自然霊)についても知りました。

 

 

 

「フラワーエッセンスを学べば、植物と話ができるようになりそうだ・・・」

 

ひらめきました。

 

ちょっと学んでみようかな?と思いました。

 

 

 

合宿中に、沢山フラワーエッセンスを試飲しました。

 

「自分の天職を知り、それにつき進む」をブレンドして摂りました。

 

 

 

1週間の合宿中・・・

 

予知夢を見ました。

 

名前を知らずエッセンスを摂ったらばキキョウの映像が脳裏に見え、それは本当にキキョウのエッセンスだったとか・・・

 

夢の中で、大量の打ち上げ花火の映像と音量に驚き、飛び起きたり・・・

 

帰宅後、続けて1週間、庭のヒルガオに水やりする時にだけ、光の玉が飛ぶのを目撃したり・・・

 

あまりに不思議なことが起こるので、「フラワーエッセンスはタダモノではない!」と確信しました。

 

 

 

しかも、帰って間もなく、合宿中に作って摂ったフラワーエッセンスの効き目のせいでしょうか?

 

「私の天職はこれだ!」

 

決意が固まりました。

 

(多趣味だけど続かない私が10年以上続けていることはフラワーエッセンスしかありません・・・)

 

 

 

植物と話したいという動機から入ったフラワーエッセンス。

 

でも、フラワーエッセンスを摂るうちに、色々なことに気づかされました。

 

 

 

両親との関係性において、とても私は傷ついていたことを。

 

そして、それが、私の劣等感や生き辛さを作り出していたことを

 

そして、それが、人間関係がうまくいかない原因となっていたことを。

 

 

 

11年前の私は、ケアマネジャーという老人福祉の仕事をしていました。

 

忙しくて、ストレスを抱え考える余裕はありませんでした。

 

今考えると、仕事での人間関係がスムーズだったとは言えません。

 

 

 

でも、一番の心の重荷は、兄に対してです。

 

障害を持つ兄に対しては、家族の厄介者という意識がぬぐえませんでした。

 

 

 

それと日増しに悪くなるアルツハイマー型認知症の母親の症状にも悩んでいました。

 

社会福祉を大学で専攻し、福祉を仕事としながらも。

 

それが一番の悩みでもありました。

 

世間に対しての顔と違う自分の中身・・・

 

 

 

なので、あまり考えないようにしていました。

 

でも、心の奥に閉じ込めた思いは、ますます心を苦しめるものです。

 

 

 

フラワーエッセンスを知るようになって、問題は、フタをするよりも、見つめて解放したほうがいい事を体感しました。

 

見つめるのが辛いことも、フラワーエッセンスに力を貸してもらい見つめることができるようになりました。

 

そうして、一つ一つ、自分のなかの問題を見つめては解放していきました。

 

 

 

だんだん、だんだん、心が軽くなりました。

 

だんだん、だんだん、肩の荷が少なくなってくるようになりました。

 

それとともに、母の介護も、兄のケアも、問題点を見つめ解決していくうちに、容易になってきました。

 

すると、次々来る問題が苦にならなくなってきました。

 

問題は苦でなく、ヒントなのだと気が付きました。

 

そうするうちに問題自体がやって来る回数が減ってくるのです。

 

物事が良い方向に回転し始めるのです。

 

 

 

仕事も円満に辞めることができました。

 

母の介護に専心し毎日楽しく過ごしました。

 

 

 

兄のことも、嫌いでなくなりました。

 

昔は同じ部屋の空気を吸うだけでも嫌だったのに。

 

指が触れると、振り払い洗っていたのに。

 

兄弟として普通に思いやりを持って接することができるようになりました。

 

(当たり前のことですが、当たり前ではなかったのです。

 

私にとって)

 

 

 

介護当初は、ぶつかってばかりの母と私でしたが、2年半前に母が亡くなるときは、もう介護できないのかと悲しくなりました。

 

でも、湿った悲しさではありません。

 

今も母の存在を感じて毎日過ごしています。

 

 

 

それもこれも、視えないものも感じ信じさせてくれるようになったフラワーエッセンスのおかげです。

 

心の重荷を除くのを手伝ってくれたフラワーエッセンスのおかげです。

 

心の問題に向き合う強さを与えてくれたフラワーエッセンスのおかげです。

 

心の中に問題を抱えていることを気づかさせてくれたフラワーエッセンスのおかげです。

 

心に色々な気付きを与えてくれるフラワーエッセンスのおかげです。

 

 

 

そんなフラワーエッセンスを、少しでも多くの人に知ってもらいたい。

 

使いこなせるようになってもらいたい。

 

心の重荷を外して、本当の自分自身を見つけて、自分の魂の命じるままの人生を生きてもらいたい。

 

そのお手伝いをすることが自分の天職だと信じています。

 

 

 

お教えするのも、体感をもって理解できるように、

 

そして、

 

「なんでフラワーエッセンスが効くのか?」

 

「どのように作用するのか?」

 

っていうことも納得できるように、お教えいたします。

 

 

 

追記

 

 

 

ところで、私が植物と関わる動機となった「地雷除去対策の花を創る夢」は今は持っていません。

 

スウェーデンの会社が開発しているそうです。

 

私がやらなくてもいいみたいです。

 

 

 

よその国を救うよりも、自分の心を耕し、自分の花を咲かせることの方が、すぐにできる世界を良くする解決法です。

 

きっと満たされてなかったから、良いことをしたかったんだと思います。

 

今ならわかる自分の心の内なのですが・・・。

 

 

 

ただ、サボテンを枯らした人(私)は、今では友人に緑の指(植物を上手に育てる)を持つ人と呼ばれます。

 

変われば変わるもんです。

 

人間は!

 

人間は変われるのですよ~~~~~!

 

 

 

 

 

略歴 

東京生まれ。明治学院大学社会福祉学科卒業。

 

一般企業で、事務や営業、リサーチ、編集補助など様々な仕事を経て、再び、社会福祉の世界に戻る。

老人介護、ケアマネジャー、スクールソーシャルワーカー、障害者の相談所の相談員等の仕事に就く。

 

福祉とともに、環境問題に興味があり、パーマカルチャーも学ぶ。

植物・ハーブを育て、アロマに興味を持ち、フラワーエッセンスへたどり着く。

  

学びの道筋 

2005年より、フラワーエッセンスを使い学ぶようになる。

 

(2000年頃に出会うものの、ピンと来ず放置)

 

ヒーリングハーブス(バッチ)、FES、オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス、ヒマラヤンフラワーエンハンサー、アラスカンフラワーエッセンスを学ぶ。 

 

アロマテラピー、タロット、占星術も学ぶ。

 

資格 

フラワーエッセンス関連

 

フラワーエッセンス普及協会登録セラピスト

 

インターナショナルフラワーエッセンスカレッジジャパン(IFECJ) 認定セラピスト

 

ヒーリングハーブス・インターナショナルコース アドバンスト 修了

 

FESプラクティショナーコース(@カリフォルニア)修了 

 

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス レベル3修了(@オーストラリア&長野)     

     

ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ アテンダンス修了

 

アロマテラピー関連

 

IFA認定プロフェッショナルエッセンシャルオイルセラピスト
ナード・アロマテラピー協会 アロマ・アドバイザー
その他

 

占星術とタロット、風水等。

 

精神保健福祉士(国家資格)

 

社会福祉士(国家資格)

 

介護福祉士(国家資格)

 

養護学校教諭免許等

 

連絡先

 

こちらからか、

★を@に変えて、下記のメールアドレスに、メールをくださいませ。


 nijinotani★solid.ocn.ne.jp

 

質問も受け付けています。

 

ブログ

 

私が私になる為に・花に学び心を癒すフラワーエッセンス『虹の花』

 

 介護や育児に活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス